キャッシングを利用する際、貸金業社や信販会社と契約することが多いのですが、彼らは貸金業法という法律に縛られて営業をしています。

この法律の中で、一番彼らを縛っているのが総量規制という規定です。

この規定は、契約者の年収の3分の1以上の貸付をしてはいけないという内容であり、1つの貸金業社だけではなく、他の金融機関からの借入金全部の合計を年収の3分の1以内にする必要があります。

この規定のおかげで、現在貸金業社では自社の審査規定上貸付や融資枠の設定ができる範囲内であっても、それ以下の設定しかできない状態になっています。

そのため、キャッシングの限度額も低めに設定されています。

これに対し、銀行は貸金業法の規制を受けないため、総量規制は関係ありません。

同じ人が銀行と貸金業社でカードローンの申込をしたと仮定すると、銀行の方が融資限度額が高く設定される場合もあります。

カードローンは、融資限度額と利率が反比例しており、融資限度額が大きい程利率は下がります。
つまり、銀行でカードローンを申し込んだ方が、有利に借入ができるのです。

銀行は、個人融資に積極でないとか、顧客を選ぶ傾向や、公務員や大企業の従業員を選好する傾向があると言われていましたが、ここ最近は、個人向け融資にもかなり積極的になっており、個人向けカードローンのTVCMなども頻繁に見かけるようになりました。

総量規制が気になる方や、先々を考えて総量規制の対象となる借入残高を積み上げたくない、と言う方には銀行カードローンがオススメです。